Skip to main content

ホーム  開館案内・アクセス  事業内容  刊行物・データベース  ミュージアムショップ  ご寄付のおねがい  法人概要  English   
はらのむし通信 > 目黒寄生虫館月報 > 日本における寄生虫学の研究 > ― 英文版 > ― 無償PDF > 研究報告 > データベース >  

 

 

 

日本における寄生虫学の研究

 当館発行の専門書。
日本における寄生虫学の進歩発展が
86名の専門家によってまとめられた大著。

    

英文版もございます。

 

和文版

 
「日本における寄生虫学の研究」1999年2月発行
 監修 大鶴正満 / 亀谷 了 / 林 滋生
   
第6巻 B5版 672頁  ISBN4-9980726-1-7
第7巻 B5版 684頁   ISBN4-9980726-0-9

 

   

 

無償PDFファイルのダウンロードが可能になりました。

タイトルをクリックしてください。

 

 

1961-1965年発行の1-5巻に関してはこちらをご覧ください。


 

第6巻 目次

                               (大鶴正満)
 1 第6巻の概要                       (亀谷 了)

 2 分類・形態・寄生虫相
  1.総括                          (長谷川英男)
  2.胞子虫類,特にコクシジアの分類形態学       (伊藤進午) 
  3.吸虫・条虫類の形態学                   (藤野隆博)
  4.線虫類の分類・形態学                     (影井 昇)
  5.日本産淡水動物の渦虫と吸虫               (嶋津 武)
  6.日本産深海魚の吸虫相                   (亀谷俊也)
  7.琉球列島沿岸魚の寄生蠕虫相             (町田昌昭)
  8.養殖魚の有害寄生虫                     (小川和夫)
  9.海産哺乳類の寄生虫相                   (倉持利明)
  10.陸上動物の寄生虫相        (長谷川英男 / 浅川満彦)
  11.日本産鉤頭虫類                          (荒木 潤)
  12.寄生性甲殻類                          (長澤和也)

 

3 生理・生化学・分子生物学
  1.総括                                     (竹内 勤)
  2.寄生原虫の代謝機構                       (青木 孝)
  3.蠕虫の代謝機構                              (北 潔)
  4.寄生蠕虫類の体外培養         (安羅岡一男 / 畑 英一)
  5.トリパノソーマの分子生物学             (福間利英)
  6.マラリア原虫表面抗原の分子生物学         (田辺和裄)
  7.蠕虫類の分子生物学                     (菅根一男)


 4 免疫学
  1.総括                                     (石崎 達)
  2.原虫感染における抗原提示      (矢野明彦 / 青才文江)
  3.原虫感染と熱ショック蛋白                  (姫野國祐)
  4.蠕虫感染とIgE                           (渡辺直熙)
  5.腸管寄生虫の排除機構                  (名和行文)
  6.寄生虫感染と好酸球                  (吉村堅太郎)
  7.寄生虫感染と細胞性免疫              (仙道富士郎)
  8.住血吸虫ワクチン                        (小島荘明)

 
5 診断学
  1.総括                                    (辻 守康)
  2.原虫感染症の血清診断                    (竹内 勤)
  
3.寄生蠕虫症の免疫診断                    (辻 守康)
  
4.寄生虫病の遺伝子診断                  (金田良雅)

  6 原虫類
  1.総括                                  (高田季久)
  2.日本における原虫感染症の疫学           (中林敏夫)
  3.寄生鞭毛虫類感染症(住血鞭毛虫類を除く) 

                                                                     (高田季久)
  4.アメリカトリパノソーマ症                    (神原廣二)
  5.
アフリカトリパノソーマ症                      (高柳 坦)
  6.リーシュマニア症
                        (橋口義久)
  7.
赤痢アメーバ症                           (竹内 勤)
  8.
自由生活アメーバ感染症                 (伊藤義博)
  9.
クリプトスポリジウム症                      (井関基弘)
  10.
トキソプラズマ症                        (小林昭夫)
  11.
日本におけるマラリア研究史 -過去30年のあゆみ-  
                                                        (鈴木 守 / 相川正道)
  12.
ニューモシスチス・カリニ肺炎               (吉田幸雄)
  13.
ブラストシスチス感染症                     (山田 稔)

第7巻 目次

 
                                  (大鶴正満)
 1 第7巻の概要                         (亀谷 了)

 
2 吸虫類
  1.
総括                                  (安羅岡一男)
  2.
住血吸虫の生物学                        (入江勇治)
  3.
日本住血吸虫症の病理研究          (天野皓昭 / 石井 明)
  4.
日本住血吸虫症の臨床                      (林 正高)
  5.
日本住血吸虫症の疫学研究 

                                            (石井 明 / 福間利英 / 薬袋 勝)
  6.
ミヤイリガイの生物学                      (安羅岡一男)
  7.
メコン住血吸虫症            (安羅岡一男 / 飯島利彦)
  8.
マンソン住血吸虫症                        (神谷晴夫)
  9.
ビルハルツ住血吸虫症          (嶋田雅暁 / 青木克己)
  10.
水田皮膚炎                             (松村武男)
  11.
肺吸虫の生物学                       (川島健治郎)
  12.
肺吸虫症                               (尾辻義人)
  13.
肺吸虫症の疫学                           (西田 弘)

 
3 条虫類
  1.総括                                      (加茂 甫)
  2.
日本海裂頭条虫とその他の海産性裂頭条虫  (山根洋右)
  3.マンソン裂頭条虫
    (1)
生物学                                  (内田明彦)
    (2
)擬充尾虫が産生する成長ホルモン様因子  (平井和光)
  4.
有鉤嚢虫症-臨床と疫学          (西山利正 / 荒木恒治)
  5.エキノコックス
    (1)
生物学                    (神谷正男 / 奥 祐三郎)
    (2)
診断と治療                  (佐藤直樹 / 内野純一)
  6.条虫感染における免疫
    (1)
腸管寄生(成虫)                          (岡本謙一)
    (2)
組織寄生(幼条虫)                          (伊藤 亮)

 
4 線虫類
  1.総括                                     (大鶴正満)
  2.
旋毛虫症                                (山口富雄)
  3.
糞線虫症                                (佐藤良也)
  4.
広東住血吸虫症                          (西村謙一)
  5.アニサキス症
    (1)
生物学                                   (影井 昇)
    (2)
臨床と疫学                                (石倉 肇)
  
6.トキソカラ感染症                         (近藤力王至)
  7.顎口虫症
    (1)
剛棘顎口虫・ドロレス顎口虫                 (赤羽啓栄)
    (2)
日本顎口虫                             (安藤勝彦)
  8.
旋尾線虫感染症                       (長谷川英男)
  9.
ディロフィラリア症                              (影井 昇)
  10.
オンコセルカ症                              (多田 功)
  11.
リンパ性フィラリア症                      (藤田紘一郎)

 5 国際医療協力と寄生虫学
  1.総括                                       (多田 功)
  2.
寄生虫学分野におけるわが国の開発援助   (小早川隆敏)
  3.
寄生学予防と合作運動-開発途上国における実践

                                                                           (原 隆昭)
  4.
アジアにおける国際医療協力                    (田中 寛)
  5.
アフリカにおける国際医療協力                 (青木克己)
  6.
中南米における国際医療協力                  (多田 功)

 6 日本における寄生虫病のコントロ-ル
  1日本における寄生虫病のコントロ-ル
(影井 昇 / 林 滋生)