「日韓共同展示 済州島の象皮病-リンパ系フィラリア症の制圧をめぐる日韓の協働-」を開催



韓国でフィラリア症が制圧されたのは2008年のことです。

この背景には、先に制圧に成功した日本の協力がありました。

今回の特別展では、当時の韓国におけるフィラリア症の状況を解説し、

制圧に向けた両国間の協働の経緯や尽力した人々を紹介しました。

 

期間 : 2022年1月15日(土)~5月22日(日)

場所 : 1階 特別展示スペース


なお、この展示は、感染症アーカイブズ(AIDH)の呼びかけにより、

長崎大学熱帯医学研究所熱帯医学ミュージアムと、韓国ソウルの寄生虫博物館で

『リンパ系フィラリア症の制圧をめぐる日韓の協働』という共通テーマのもと、

各館で特別展を開催することにいたったものです。


主催:目黒寄生虫館

共催:長崎大学熱帯医学研究所熱帯医学ミュージアム、

   Parasite Museum, Korea Association of Health Promotion

後援:公益財団法人韓昌祐・哲文化財団、日本熱帯医学会、

   日本寄生虫学会、The Korean Society for Parasitology and Tropical Medicine

協力:ソウル大学校医科大学、感染症アーカイブズ(AIDH)

タグ:

最新記事
カテゴリ
タグ